男性のお通夜の身なり

男性は、日頃から仕事でスーツを着ることも多く、
お通夜だからといってあまり悩むことはないでしょう。
とはいってもやはり不祝儀です。
服装や身なりには、気をつけなければいけません。

男性もお通夜であっても、基本的には黒の礼服で参列しましょう。
しかしお通夜は急なことが多く、会社から直接伺う…ということもあるでしょう。

そういった場合には、黒の礼服でなくてもかまいません。
しかしある程度は地味な紺やグレーのスーツを着用しましょう。

スーツは黒でなくてもかまいませんが、ネクタイは黒のものにしましょう。
柄のない無地のものがいいですね。

ワイシャツは、白色のものにします。

時計が金色などで光る場合は、外しておきます。
ネクタイピンもつけない方がいいでしょう。

子どもであってもやはり派手な服は避け、地味な色のものを身につけていきます。

制服があれば、制服を着ましょう。
なければ、白色のシャツに紺やグレー黒色の服を合わせましょう。
靴も黒色のものをはきます。

家族葬を格安でやるにはコチラ